Menu Shopping Cart Search

ホルモンにきび

エストロゲン (女性) ホルモン

エストロゲン ホルモンは、女性の方が男性より肌が乾燥しやすく毛穴が小さいという傾向の一因 (全体として見るとその事実の原因) となっています。通常、ヒアルロン酸と呼ばれる物質を生成して、表皮の上層で生成される皮脂の量を調整しています。これは、肌に水分を留める効果がある酸で、水分が不足すると老化の兆候が早まることがあります。

また、エストロゲンが過剰だと、肌の色素沈着を引き起こし、クモ状血管腫の発症が促される場合があります。エストロゲンが少なすぎると、最終的に肌の菲薄化につながり、水分レベルを高める必要があるくすんだ顔色になる場合があります。

アンドロゲン (男性) ホルモン

アンドロゲン ホルモン、特にテストステロンは、体内に過剰に見られる場合、表皮での皮脂の生成を増やすため、そのままにしておくと、毛穴の黒ずみ、にきび、または厄介な吹き出物の原因になることがあります。アンドロゲンの増加によるもう 1 つの共通の副作用として T ゾーンが脂っぽい状態になり、混合肌として知られる肌タイプになることがあります。テストステロン値が高い女性の多くは、加齢により閉経に達すると、残念ながら頭の抜け毛が頻繁になることに気付き始め、逆に顔や身体の毛は過度に伸び始めます。アンドロゲンが過剰だと、皮膚が厚くなりきめが粗くなります。つまり、より滑らかできれいな表皮にするには、多くの場合、古い角質をより強力に除去する必要があります。場合によっては、皮膚科医が厚くきめが粗くなった肌についてマイクロダーマブレージョン (細かい粒子を使用した角質の剥離) コースを勧めることがあります。これは、表皮の上層だけでなく、下層にも十分に作用します。何にしても、肌の保湿レベルを高い状態で維持し、日焼け防止指数の優れた製品を使用することが重要です。

ただし、エストロゲンが過剰な場合と同様に、アンドロゲン ホルモンが増加すると、細胞のターンオーバーが遅くなるため、くすんだ顔色になることがあります。肌に皺や細い線ができやすくなる場合もあります。

肌の問題がホルモンに関係していると感じており、優れた肌の手入れがそれなりの価値があり有効だと思っている場合は、アンドロゲンまたはエストロゲンのいずれかのホルモン レベルでバランスが崩れていたり欠如したりしていないか確認するために血液検査を実施できる医療関係者に相談する必要があります。ストレス レベルの増加、月経周期の乱れ、または食習慣やエクササイズ、ダイエット方法の変化などの単純なものまで、さまざまな要因が大きく影響することがあります。多少なりとも心配な場合は、医療の専門家に相談しアドバイスを求めてください。

ニュースレター申し込み